s_IMG_0462

s_IMG_0468

s_IMG_0467


●Attempt to attract American people

Hello, this is Ken.
How’s everything going?
In my place, we can see the autumn colors everywhere but at the same time, it’s getting chilly day by day recently.

By the way, our office has been trying to promote our area by using SNS such as Instagram or Facebook, with some excellent students of the Sakurano Seibo junior college.
From time to time we have a workshop to build up the strategies for our promotion.
The other day, we invited two Fukushima residents from the US, David and Angela to ask them what kind of things American people were interested in, regarding Fukushima specialties or entire Japanese culture.

Two American guests told us that they were always surprised by how Japanese cakes were beautifully decorated and how the cakes were actually mouthwatering. And they told us that so many American people were willing to know more about Japanese Samurai and there were so many places where we could feel Samurai culture in Fukushima.

All the students got some hints to attract American people to Fukushima and at the same time, knew it would be a bit difficult to wipe out the misunderstandings about Fukushima. Because we can easily find negative comments or photos regarding Fukushima whenever we google “Fukushima”.

Although we are still facing the difficulty to change the misperception about Fukushima in other areas, we won’t be beaten. We will keep moving forward.

Now we are posting photos of current Fukushima for our personal Instagram accounts with a hashtag “#fuku4u”.(※)
This hashtag was of course created by the students.
The word “fuku” has two meanings, “happiness” and “Fukushima”.
We are posting photos and articles wishing people in Fukushima will be happier and people in other areas will feel a kind of happiness from our hearty photos and explanations.

I really hope that so many people will post great pictures to revitalize and boost Fukushima people’s wounded mind.
We are trying to help ourselves and we need a bit of your help in this field.

See you again soon.

※We changed the hashtag to "#fukushima4u" for some reasons.

●アメリカの方々にもっと来ていただこう

こんにちは。ケンです。
お元気ですか?
私の地域では、最近どこにいっても紅葉を見ることができますが、日増しに寒くなっています。

ところで、私どもの事務所では、桜の聖母短期大学の学生たちと一緒に、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSを活用した地域プロモーションを行っています。
時々、みんなで集まってプロモーションに係る戦略を練っています。
先日は、福島に住んでいるアメリカ人、デヴィッドさんとアンジェラさんを招いて、福島の得意とするものや日本文化全体に関してアメリカ人がどういったことに興味を持っているか聞いてみました。

二人によれば、日本のケーキが本当にきれいに装飾されていてかつ本当においしいことにびっくりし、またかなり多くのアメリカ人がサムライについてもっと知りたがっていて、福島にはサムライ文化を感じることができることがたくさんあるとの話でした。

学生さんたちは、アメリカ人にもっと福島に来ていただくためのヒントを得るとともに、福島に関する誤解を解くのが少し難しいことを感じました。なぜなら、“FUKUSHIMA”をネット検索すると、本当に簡単にネガティブなコメントや写真が出てくるからです。

他地域における、福島イメージを変えることが難しいと感じてはいますが、私たちは負けません。前に進んでいきます。

現在私たちは、自分たちのインスタグラムのアカウントに、”fuku4u“というハッシュタグをつけて写真を投稿しています。(※)
このハッシュタグは学生たちによって考案されました。
“fuku”という言葉には、二つの意味が込められています。“幸福”ともちろん“福島”です。
私たちは、福島の人たちがもっと幸福になるように、他の地域の人々が私たちの心のこもった投稿から幸福を感じてくれるよう祈りながら写真や記事を投稿しています。

多くの人々が、福島の人々の傷ついた心を再生し、元気づけるために素敵な写真をたくさん投稿してくれたらと思います。
私たちもがんばりますが、この分野に関してみなさまのお力を少し借りたいです。

またお会いしましょう。

※事情によりハッシュタグは”#fukushima4u"に変更しました。