s_CIMG4860

s_CIMG4839

s_IMG_1064

s_CIMG4818

s_IMG_0999

s_IMG_1012

●“In person” promotion in Tokyo

Hello, this is Ken, administrator of this blog.
Long time no see.
If I say something about why I haven’t posted any articles for a long time, I would say, my brain has been occupied to make a plan to promote our area well.
Now we have some ideas for that, so we are going to offer you a lot of things from now on!

By the way, on December the 2nd and 3rd, some of members of our office went to the Sensoji temple in Tokyo, in order to advertise our area’s tourism and specialties to people who visited the temple.

As you might know, not only Japanese people but also so many foreign people are coming to the temple nowadays. Actually it is said, over 60 or 70 % of visitors are from other countries.
So to say, we went to the temple in order to let foreign visitors know something about our place, Fukushima.

This time, Ai Kobayashi, 2017 Miss Universe Japan Fukushima representative came with us and actually she helped us a lot. She is a half Thai-Japanese and speaks Thai and English as well as of course Japanese.

We set up a small booth near “Hondo”(the main building of the temple) and offered visitors to make an original bookmark with Japanese traditional paper, by using water color pencils.

Indeed, over 450 people dropped by and made a bookmark at our booth in total for two days.
On top of that, over 60% of them were from other countries!

They seemed to enjoy making bookmarks and we staff members enjoyed a lot.
We could communicate with a lot of people from various countries such as America, Australia, China, Canada, France, Spain, Brazil, Turkey, Thai, India, Indonesia, Malaysia, Russia and of course Japan.

Some visitors asked us about the current situation of Fukushima, I mean, some of them wanted to know the level of radiation, how the food examinations were done, and if people were worried about radiation. We replied to them honestly and I think most of them understood that almost everything had been back to normal at least in my area and basically people spend their daily lives peacefully.

Now I think this event was a great chance for us to talk to a lot of people and tell the reality of Fukushima directly. Of course Ai-san explained a lot about Fukushima to visitors from Thai and people from various countries. It was very helpful!

We will keep on this kind of “In-person” activities as well as online ones.

See you soon.


●東京での1対1のプロモーション

こんにちは。ブログの管理人のケンです。
おひさしぶりです。
長い間投稿してこなかったことに対してひとつ言い訳させてもらうと、私たちの地域をより売り出していくためにはどうしたらいいか考えていたといったところでしょうか。
現在、そういったことに対していくつかアイディアを持っていて、これから皆様に次々ご提案させていただこうかと思います。

ところで、12月2日から3日まで、私たちの事務所のメンバー数人で東京の浅草寺に出向きました。もちろん私たちの地域の観光やおいしいものなどを、来ている方々にお知らせするためです。

たぶん御存知かと思いますが、最近では日本人だけでなくて多数の外国人の方が浅草寺を訪れます。一説によれば、60%とか70%の方が外国からの訪問者とのことです。
言ってみれば、私たちは、海外の方々に福島についてお知らせするために出張しました。

今回は、2017ミスユニバースジャパン福島代表の小林愛さんにも一緒に来ていただき、お手伝いいただきました。愛さんはタイと日本のハーフであり、日本語はもちろんタイ語と英語を話します。

私たちは本堂近くにブースを出して、日本伝統の和紙を使ったしおりづくりを体験していただきました。水彩色鉛筆でしおりに色を塗るものです。

実に2日間で450人以上の方が私たちのブースに来てくださり、しおりづくりを体験してくれました。何といっても60%以上が外国の方でした。

来てくださった方々は、しおりづくりを楽しんでくださり、私たちスタッフも楽しく応対しました。
私たちはアメリカ、オーストラリア、中国、カナダ、フランス、スペイン、トルコ、タイ、インド、インドネシア、マレーシア、ロシアといったいろいろな方々とお話ししました。

何人かの方は福島の現状について質問されました。具体的には放射線のレベルや食品検査はどうやっているか、住んでいる人は放射線について心配しているかなどの質問もありました。
私たちは正直にお答えしましたが、少なくとも私たちの地域ではほぼ日常を取り戻し、住んでいる人は基本的に平和に暮らしていることを理解いただけたと思います。

今回のイベントは、福島の現状を直接説明することができる、本当に大きなチャンスでした。もちろん、愛さんもタイをはじめたくさんの国々の方々に説明してくださいました。本当に助かりました。

ネットを通じた試みに加えて、こういった1対1の取り組みも今後続けたいと思います。

またお会いしましょう。