s_IMG_1180

s_IMG_1165

s_IMG_1485

s_IMG_1514

s_IMG_1527


●Lucky to call Fukushima home

Over the past eight months I have had the incredible experience of helping to create delicious Fukushima sake with locals in Iizaka Onsen. Back in May I planted rice at a farm on the outskirts of Iizaka along with a few other foreign teachers and some locals. In September we harvested the rice and sent it off to a local brewer to be transformed into their first batch of sake for the year. Earlier this month we enjoyed the fruits of our labor when we all gathered to sample our sake and hold a party. 
At the party we not only enjoyed our sake, but got to try our hand at making gyoza with the guidance of a local master. We also got to play a traditional Japanese badminton game, which turned out to be quite difficult after a couple glasses of sake! The food was delicious and the company was even more enjoyable. We got to chat and interact with many people who had played a part in the production of the sake; many we had met before at the rice planting and harvesting events, and many we had not, like the designer of the label on the sake bottle as well as representatives from the brewery and distribution companies. It was great to see how many hands played a role in the production and to feel like I had a small part in it. 
The process of planting a crop, watching it grow, and then seeing that crop transformed into something many people could enjoy was an entirely new experience for me. I’m from a large city in the U.S. and have never farmed or done much manual work. I’ve also never created anything like sake before. It was wonderful to get my hands dirty and try something new. It felt very rewarding to know my hard work - combined with the hard work of many others - created something so delicious. The party was a perfect end to an almost year-long experience that I couldn’t have had anywhere else in the world. I’m so lucky to call Fukushima home.


●第二の故郷ふくしま

8か月以上にわたって、飯坂温泉において地元の方々と一緒においしい地元の酒をつくるというすばらしい体験に参加してきました。去る5月、地元の方々と何人かの外国人の英語の先生たちと一緒に飯坂温泉のはずれにあるたんぼでお米を植えました。9月にはそのお米を収穫し、地元の酒蔵にそのお米を送って新酒を作ってもらいました。そして1月のはじめ、私たちは私たちのがんばった成果であるお酒を御馳走になるためのパーティーにやってきました。
パーティーでは、お酒を味わうだけでなく地元の餃子名人から餃子の作り方を教わりました。その後、私たちは日本の伝統的なバドミントンを楽しみました。何杯かお酒を飲んだ後はちょっとたいへんでした。私たちはパーティーでいろいろな人と交流しました。何人かの人たちは田植えや稲刈りでお会いしたことがあり、何人かの方は酒のラベルのデザイナーだったり、酒蔵の代表や酒屋さんだったりと初めて会う方々でした。たくさんの方々がこのお酒づくりの過程に加わり、私もその一部を担ったのだと感じることはとても素敵な体験でした。
作物を植えて、その成長を見守り、そしてそれが多くの人々が楽しめる何か別のものに変わっていくという過程を見ることは私にとってとても新しい体験でした。私はアメリカの大都市の出身であり、農業もしたことがなければ手仕事をあまりやったことがなかったのです。酒をつくるという経験もありませんでした。手を泥まみれにしながら何か新しいものを作るというのは素敵なことでした。一生懸命働いた結果が、他の方々と一緒になってがんばったことが、おいしいものを作り出したということを実感できて、何かとても報われたような気分になりました。パーティーは約一年に渡る経験の締めくくりとして完ぺきでした。それまで世界のどこでも経験できなかったものです。福島をふるさとと呼ぶことができて、とてもラッキーです。