s_IMG_0893

s_IMG_7600

s_IMG_7613

s_IMG_3079

s_IMG_5072

s_IMG_4658

s_IMG_4147

●Monitor tour for international students
Hello, this is Ken.
How have you been?
As you might know, a fiscal year and academic year stars in April in Japan.
Therefore, everybody is quite busy at this time of year.
I’m not an exception, Now I’m wrapping up all of my assignments.
Whenever I find some pieces of spring, I get a bit happy.
We are going to have the beautiful season of cherry blossoms in no time.

By the way, our office conducted a monitor tour for international students at the beginning of February (2 nights 3 days).
We invited 6 international students from The University of Aizu, The Fukushima University and The Tokyo University of Agriculture and Technology.

We visited three of beautiful hot spring places in our area, some other beautiful places where we could experience special things and had very special foods.

I have so many things to talk about the tour but in order to keep your attention on this article,
I’ll introduce some items that attendees especially enjoyed.

On the first day, we stayed at “Horieya ryokan”, which is one of the oldest hot spring inns in Iizaka Onsen (hot spring) area.
The young master of the hotel, Mr. Wada said that he didn’t have enough confidence if participants would love his inn’s service. He was a bit embarrassed that his inn was old fashioned and a hole in the wall.
As opposed to his concerns, all the participants really loved his inn because of his hospitality and enthusiasm about entertaining visitors.
Actually he played the Shamisen in front of us and taught us how to play it despite of being super busy.
Additionally, the girls (participants) could see off Mr. Wada’s kids to the kindergarten bus in the morning.
That seemed to be very impressive to all the girls.

On the second day, we visited “Bonsai-ya-Abe” where we made a moss ball.
Mr. Abe, the master of the Bonsai shop’s explanation on how to make a moss ball was quite interesting and comprehensive.
When he taught us how to make it, he taught us the philosophy on his Bonsai art.
The philosophy itself was very profound but he explained it by using simple words.
Everybody was fascinated by his philosophy and his way of talking.
I think his enthusiasm on his business came to our hearts straightly, so he completely got us.

If I sum up the result of this tour, I would say, “Hospitality is the best policy”.
When it comes to hospitality, nobody can beat people in Fukushima.
I think we will be able to attract more and more people to Fukushima from many countries.

Oh think I wrote too much for an article today.
See you soon.

●外国人の学生向けのモニターツアー
こんにちは。
いかがお過ごしですか。
ご承知かと思いますが、日本では会計年度や学年が四月からはじまります。
そういうこともあって、今、みなさん忙しい時期です。
私も例外ではなく、お仕事の総仕上げにかかっているところです。
春の兆しをどこかに見つけるたび、ちょっとうれしくなったりします。
もうまもなく、美しい桜のシーズンを迎えようとしています。

ところで、私たちの事務所では2月のはじめに2泊3日の日程で外国人の学生向けのモニターツアーを実施しました。
会津大学、福島大学、東京農工大学から6人の学生を招待して実施しました。

私たちは3つの温泉地と、特別な体験や食べ物を体験できる場所をいくつか訪ねました。

書きたいことがたくさんありますが、皆様に記事をきちんと読んでいただくために、参加者が特によろこんでくれたところをご紹介したいと思います。

はじめの日、私たちは飯坂温泉にある、最も古い旅館のひとつ「ほりえや」に宿泊しました。
ここの若旦那さんである、和田さんは旅館のサービスをみんな気に入ってくれるかどうかちょっと自信がないといっておられました。旅館自体古く、家族経営の旅館だったからです。

彼の心配とは反対に、全員、旅館がすごく気に入りました。それは彼のおもてなしの心やお客さんに喜んでほしいという熱心さの賜物です。
実際和田さんはすごく忙しいのにかかわらずみんなの前で三味線も披露してくれて、弾き方まで教えてくれました。
それに加え、参加者たちは和田さんのお子さんが幼稚園バスに乗るところを見送ることができました。
これがすごく印象的だったようです。

2日目、私たちは「ぼんさいやあべ」に行って苔玉づくりをしました。
この盆栽店の主人である、阿部さんの苔玉づくりに関する説明はとても興味深く分かりやすいものでした。
つくりかたの説明の際、彼は彼の盆栽に対する哲学を語ってくれました。
哲学そのものは深遠なものなのですが、とてもシンプルな言葉で説明してくれました。
みんな彼の哲学と、語り口に魅了されました。
思うに、彼の仕事に対する情熱が直接心に伝わってきたので、すっかりやられてしまいました。
今回のツアーを総括するとすれば、「おもてなしの心が最も重要」といったところでしょうか。
「おもてなしの心」という点では、福島の人は誰にも負けていません。
いろいろな国から、もっともっと来ていただけるかもしれませんね。

ちょっと書きすぎたかもです。
またお会いしましょう。